So-net無料ブログ作成
検索選択

リカバリー [スポーツ]

普段からストレッチなどをやっていますが、ライド後のストレッチ以上にオフトレのは多い。

自転車ではあまり意識しないような筋肉もオフトレでは鍛えるので、多くのケアが必要です。

リカバリーはストレッチだけではなく、有酸素運動でもします。
心拍負荷が大きいトレーニングの後には必ず、心拍を低くした有酸素を取り入れより回復を増進させることに勤めます。
また、栄養面でもトレーニングの内容によって気をつけて必要なものを摂取します。

例えば、ハードな有酸素運動後は水分補給も大切ですが、失われた電解質、活性酸素に対してビタミンC・Eなどを積極的に摂取してやることで、リカバリーをちゃんとしながらオフトレの目的であるシーズン前にしっかりとした体作りが出来ればと思っています。

今シーズンのオフトレはかなり実験的な要素が多くリカバリーに関しても今まで以上にメニューを増やしています。

そして成果が出ることを期待してしっかりやりたいです。

効果ありです [スポーツ]

今年からWorkoutでこれをよく使います。

ball1.jpg
バランスボールを1/4切ったみたいなもの。

使い方は裏返しにしてこの上に乗ってスクワットしたり。

ball.jpg
結構むずかしい。

両端を持って腕立てをしたりします。

また、ボールの部分をわき腹に入れて、わき腹の筋肉を鍛えるのにいいです。



デジカメの中身を見ていたらこんな写真が出てきました。
どうやら手術後に子供に撮られた写真らしいです。
patient.jpg
全身麻酔が切れたころで記憶があまりないのですが・・・・。

まだ、全身に負った傷はいたもののworkoutのおかげで元気が出てきました。
workout03.jpg

健康が一番ですね。

雨の日はworkout [スポーツ]

今日は1時間のworkout
有酸素なし。
徐々に負荷を上げて上半身の強化。

まだ、落車の影響で肩、肘が思うように動きません。

今月からのドリルを楽しみます。
”Beeさん、思いつきで練習しないように”と釘を刺されました。

”オフは大事ですよ。ましてやリハビリかねているんですから”と。
しばらくはメニューの奴隷になります。

ワークアウト [スポーツ]

自転車に乗れないことが逆に他のトレーニングの集中力を高めてくれています。
”ピンチをチャンス”に変えることが出来そうです。


前日のトレイルランのダメージケアをしながら、コアと上半身をメインにみっちり2時間のワークアウトで全身ヘロヘロ。

シーズンの目標であるヒルクライムレースをするための体作り。

体重を気にしないと言えばうそになりますが、体重ばかりに執着しないでやりたいです。
筋肉をつければどうしても体重が増えますが、しかしその分落とす脂肪はたくさんあります。(笑)

また、軽ければ速いという軽量化信仰は自分には合っていません。

出力と重さのバランスで、人によっては体重減りすぎて出力不足になったりすることもあると思います。
ただ、私の場合もう少し落とした方がいいのは分かっていますが・・・。

落とすことによって平地やスプリントが遅くなるのは困るので、どのぐらいがいいのか、ヒルクライムを視野に入れながらオールラウンド的にパフォーマンスを上げていければ思います。

workout.jpg
フリーウエイトよりマシーンがメインです。

ランやジムもいいけど、ちょっとでいいから自転車乗りたいなぁー。

久しぶりの汗 [スポーツ]

ジムで筋トレ、有酸素運動で久々に大汗かきました。
気持ちいいです。

上半身の筋力強化と柔軟性を高めるトレーニングは思ったより自分に筋力がないことを認識。
マッチョな体は入らないが、持久力のある筋力は欲しいです。

ピラテスで軽くコアの運動をし、マシーンで上腕周りの筋肉、僧帽筋、広背筋。ダンベルを用いて外腹斜筋といった上半身をゆっくり時間をかけて行う。

有酸素運動はクロスカントリースキーのマシーンで。
普段はエアロバイクこぐのですが、まだアソコの調子が良くないのでね。

スキーのストックのようにバーを持って山を登るような動作。クロカンスキーというより登山に近いかなか?これなら上半身の持久筋を養うにもいいし、下半身もハムスの可動範囲も大きくGood
膝や腰にかかる負担も少なく、優しいです。

運動したという実感を味わいました。おかけで空腹も運動しないときよりUPでしっかりと補給もできました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。