So-net無料ブログ作成
検索選択

またまた塔ノ岳 [トレイルラン]

やっぱ流行っているぞトレイルラン。
前から思っていました、寒い日に自転車乗っているよりいいって。
でも、自分のやる標高高いトレイルランって結構寒いじゃん(笑)

■朝遊び
トレイルランも大分楽しくなってきた。
一日も走ることないと思って半休を取って丹沢へ。

4時50分電車に乗って渋沢駅へ。

コースは渋沢駅をスタート、大倉~塔ノ岳~行者ヶ岳~二ノ塔~ヤビツ峠~大山~大山入り口。

前回より脚も軽く、スタスタと走れると思ったけど、荷物が少ないからだと後で分かる。(笑)

天気も良く風も無いので気分はいいですね。

大倉で一様登山計画書をポストに投函、ここから休まず塔ノ岳まで。
この区間が一番練習になります。
朝日が段々と暗闇を照らし、赤く染まる。
今日も一日いい日でありますようにとお祈りしながら後方を振り返ると相模湾が綺麗だ。
トレイルランも登山コースでやると景色がいいので時間を忘れて気持ちよく走れます。
ひたすら上りながら塔ノ岳へ到着。

IMG_0707.jpg
塔ノ岳からは富士山を含め南アルプスの山々が見えました。

止まると寒いのが登山コースでやるトレイルランの難点。
でも、寒いのでそれほど水分補給を必要としないので、重い水を背負って縦走しなくてすみます。

軽くお菓子を食ってから行者ヶ岳方面に。

ここからは下り基調。

ヴィブラム5本指シューズの薄いソールから伝わる霜が解けていないゴツゴツした路面を蹴りながら慎重に走る。
途中上り返しやちょっと危険な下りとクサリ場が登山コースのランがスパイスになってくれます。

標高の高いところでは風の音だけ、何もしなくても体を動かすことに集中出来ます。

IMG_0724.jpg
途中振り返ると富士山が綺麗だ。

飽きるぐらいの下りを下ってヤビツに到着。
ここから大山を目指します。
最後の登り区間は結構厳しいです。

ただ登り区間のほうが下り区間と比べれば体はきついが気持ちは楽ですね。
ここへ来るとハイカーが多いので邪魔にならないように挨拶しながら抜かしていきます。
いろんな方から”そのシューズは?”と質問されました。(笑)

やっと脚が5本指シューズになれたようですが、しかし下り区間が長く続くとやはりまだまだ忍者のようには走れません。

結構だるくなった脚を引きずって大山を下山し、バス停に11時ちょっと過ぎに到着。
さすがに伊勢原駅まで走る元気は残っておらず、バスを待って乗車。
ペコペコに腹へって、パンを3つと立ち食い天玉そば大盛りをツユまで飲み干し職場へ。

13時に間に合い仕事開始ですが、3時ごろに睡魔に襲われながら腹へってお菓子をバリバリ。

帰宅は走ろうなどまったく思わないで電車で帰りました。
山に行ったのは昨日のことと錯覚するぐらい長い一日でした。

半休でも結構遊べるんだと思っていましたが、遊びはその後のことも考えて遊ばないといけないんだなと学習しました。(笑)

でもまた今度半休でどんだけ楽しめるかってやってみたいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。