So-net無料ブログ作成

矢野口おはサイ(参加9回目) [自転車]

天気図をみるとまるで梅雨。
やっぱり低気圧に左右されてしまう体は何か調子が悪い。
耳鳴りと船酔いに似た感覚が寝ても起きても続くと、ちょっとしたことでもイラついたりしてコントロール不能。
自転車に乗ったり、ジムで運動していると少し忘れられるのが救い。
この前線が早くどっかに行ってくれないかと思うのです。

■おはサイ
そんな訳でおはサイは行かないつもりでしたが、”おはサイ参加したいので場所教えてください”とメッセージ。
場所と時間を教えてあげると、何だか自分も行ってみようという気持ちに。

練習会なので気軽に走ろう。

集合場所には10人ぐらい?DOKYUからはゆうたろが初参戦。
川崎街道でVANくんの地獄牽きを食らって、こりゃヤバイ。

連光寺坂中間地点信号停止後、前で三人が抜け出すので、誰か行ってくれと願いうが、どんどん差が開く。
他力本願よろしくないから、腰を上げて下ハンダンシングで、ジャンプ。
三人の中からオクモさんが一人抜け出しアーケード入り口に差し掛かったところ、お尻をポンと叩いてご一緒にとご挨拶。
頂上の信号青なのでそのまま行く、後ろとの差があったので満開。
天国の階段坂、尾根幹、和光の坂でありがたいお言葉を撮影、今日のお言葉”平和と和解をもたらす人”だそうだ。カズさんのこと?
その後黒川二段坂の手前で集団に吸収。
二段坂では、若い米谷君がバビュン!と切れのいい加速。
みんなそれに釣られゴキブリホイホイに入るように坂の上に向かう。
どこかで合流したRyoさんがそのまま行ってしまったの流石だね。

とりあえず途中まで頑張ったけど、捨てた二段坂ですが、生コン工場カーブの隠れポイントからバシバシ走ってみる。
ガストの交差点で何人かと一緒になりますそのままコープ坂まで満開で死んだ。

多摩大坂タイミングよく青信号でフル加速しながらちょー頑張ってモガキました、途中失速Ryoさんにボコッとやられてしまいました。
その後、オベナベ合流で後半戦。

坂浜入り口でクリートが入らずちょっと遅れましたが、何とか先頭にたどり着くが、オベナベがスパッと抜き出て、Ryoさんがボコっと抜かれ、届かぬ距離にクラクラしながら小休区間を走ってラスト二本。
一本目は何とか頑張れた、でも最後は頑張れなかった。
頭がクラクラしながら楽しかったのは事実、来てよかったと思う反面、来なきゃよかったとも。
レースレベルの練習会は行かなかった精神的苦痛より、行って与えられた肉体的苦痛の方が楽だということがわかりました。

みなさんありがとうございました。
またよろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。