So-net無料ブログ作成
検索選択

固定車はいつも新鮮 [固定ロード車]

固定車に関しては書きつくした感がります。
シンプル過ぎてね。

でも、乗車率をロードバイク比較すると1:9ぐらいの割合で固定車に乗っている。日々のバイクはこれ一台でOKです。

固定車に関して言えば固定されたギアでどこまでも走るっていう発想はやっぱり師匠細山さんに影響されたことが大きい。
”ここは固定で来ました”、”このコースは固定で走ったことがあります。”
いつしか、固定車で行った事がステイタスになっていたりする。

今でも思い出すが伊豆ツーリングに行ったとき、まだ固定車乗りたての私。
海岸線から初めて山伏峠を超えるコース、峠の入り口で張り切っていたら本当の峠はそのあとからやって来た。
”脚をつかないで上れたら褒めてあげます”
必死になって上ったときのことは今でも鮮明に覚えている。

そのへんちょろちょろサイクリングもいいけど、150km超えるロングライドすると固定車の思い入れがぐ~んと深くなる。

峠をぐるぐる回ったり、長い下り坂で脚が逝ったりと。
また、レースのような練習会で極限で走るもの楽しい。

へとへとになって家にたどり着いた時にずーっとペダル回して、ダイレクトに路面を感じたという充実感はM的要素でたまらなく好きです。

固定車乗り出すと語る人多いけど、その気持ちは分かる。
フレームがどうだとか、パーツはどうだとかあまり関心ないですが、乗る人がどんな経験をしてどんな楽しいことを感じたのかを聞いたりするのが好きです。
みんなが好きに語り、楽しくなればいいと思う。

30台以上乗れる自転車を所有している師匠細山さんですが、私が知る限り固定車以外の自転車に乗っているのはレースとレース前日、冬のマウンテンバイクときだけのような気がします。
シンプルに楽しめる固定車だからたくさん乗れば乗るほど楽しい思い出が出来るのかも。

今朝も固定車でゆったり走ってちょっと寒い春の朝を感じてきました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。