So-net無料ブログ作成
検索選択

ファイト!一発 =男たちの新春第二弾 伊豆ツーリング1= [ファイト!一発!]

新春恒例の伊豆の一泊ツーリングも今年で5回目、昨年引き続きマウンテンバイクで伊豆の山を走る予定。

過去いろいろな伝説を残したこのツーリングも振り返れば辛かった思いでも楽しい思い出に変わっている。

今回の参加者は私を含めて4人のタレントがそろった。

ひで兄貴、いわずと知れたファイト!一発!にこの人ありと言わしめる男。
このお方がいなけばファイト一発にあらず。違う言い方をすれば、このお方がいるからファイト一発になってしまうとも。とにかく、こういった企画には無くてはならぬ存在だが、たまに本当だか、冗談だか分からないときがあり不安になるときも。そんなときは笑ってごまかしてしまうという類まれな技術を持つ。

Mさん、通称”Mazo"と言われる変態。
本人の名誉のため変態といっても犯罪や公衆衛生上、または倫理上問題があるというわけではなく、極限状態を好物とするという意味の変態。激坂をこよなく愛し、涎を垂らしながら上る自分の姿にうっとりするという噂も。
激坂で有名なあざみラインを上った回数は軽く100を超えると言われ、収集したデータは各方面で重宝がられMrあざみと一部では崇拝されている。自転車を離れれば社会的に責任のあるお方です。

Sさん、アメリカ合衆国・オレゴン州出身。日本が好きで日本人より日本人らしいと言われている。しかし、一緒にツーリングに行くとその荷物の多さにこの人はアメリカ人だと認識させられる。(笑)
私の知っているアメリカ人で唯一生卵かけご飯が食べられる。一緒に出かけても食べ物で気を使わないアメリカ人は貴重です。高校で英語教えるSさんはきっと生徒から慕われているんだと思います。

そんな愉快な仲間集まったのだからつまらないわけが無い。

待ち合わせ場所を伊豆の函南駅にする。
私以外は輪行で現地集合。

私は2ヶ月間怪我で自転車で乗れなかったので、ゆっくりリハビリを兼ねて自走で行くことにしたが、それが最初からファイト!一発!に。

久しぶりの自転車ということ、怪我の回復もよく体の調子がいいということもあり、前日は遠足前の子供のように興奮して寝られず、9時に布団に入って寝付いたのが11時ぐらい。

変な夢を見て2時に起きちゃいましたが、3時半出発予定だったのでそこで2度寝。
これが失敗で気が付いたら4時半。

輪行で行くことも考えたが、どうしても乗りたくてだめらな途中で電車に乗ればいいと思い。速攻着替えて4時50分にライド・オン。

待ち合わせの8時まで3時間10分、約90kmの道のりはAv30km/h以上で走らないと間に合いません。今の自分と力とマウンテンバイクではキツイ。
国道246を抜け1号に出てひたすらペダルを回します。

余裕を持ってスタートできれば久しぶりの自転車を違った感覚で楽しめたのに、今はタイムトライアルのようになってしまった。
時間に追われたライドほど辛いものはない。

小田原の前で腹が減ったのでクソしておにぎりをかじる。
海岸線に出てから上ってくる朝日を見るが、余裕が無いのであせってしまう。

真鶴のアップダウンを走りながら右前方に熱海が見える。

”ホイルよあれが熱海の灯だ”とスピリット・オブ・セントルイス号ならぬ、細山製作所作製QUARKのオレンジマウンテンにチャールズ・オーガスタス・リンドバーグのように話しかけてみる。

2ヶ月のブランクは大きく、ペダリングがメタメタのため無駄に疲れる。
やっとのこと熱海に着いたのは7時25分。

どう見ても8時には無理、しかしここまで来たなら自走したし、多少の遅れなら今回一緒に行くメンバーになら甘えられる。

だがここからは通称”梅ライン”と言われる静岡県道11号熱海函南線。上り4.5kmの坂の平均勾配は9.1%の激坂。

去年も自走で来たが、その時は時間に余裕があり上る前にファミレスでコーヒーなど優雅に飲みながら一息いれてゆっくり上った。
しかし今回はここまでいっぱいいっぱいで走ってきての上り。
レースで言えば逃げて来てからの最終局面で、脚が終わるのが分かっての走り。

最初の来の宮駅の激坂のかなりのダメージを食らいながら、残り区間激しい向かい風を受けながらひたすら耐え上る。

辛くなってあごを落とすと目に入るのはムカつくぐらい太いマウンテンのタイヤとそのムカつきをさらにアシストしてくれるフロントのサス。ダンシングしてもその力をサクサク吸収してくる。

それでも大汗をかいてやっと上る。

トンネルを越えれば一気に下る。

右手に富士山を見ながら必死にごぎながら下るが、路面は凍結しているの要注意。

去年ここで長いリードにつながれている犬に吠えられ死ぬほどびっくりしたので、さらに犬にも注意をする。
どうやら今年はいないようだと気が緩んだ瞬間、思っていた場所より先にいた犬に”ワンワン”と吠えられまたもや死ぬほどびっくだ。

ムカつきながら来年は何か作戦を考えなければと心に誓いながらどんどん冷える体を小さくしながら下る。

函南駅には8時15分に到着。
3人の仲間が丁度自転車を組立てたところでかろうじて間に合った。
体がキンキンに冷えて挨拶もそこそこ。
しかもツーリングより間に合ったことでこれからがこれでなってしまったようだ。

地図を広げ、とりあえず天城方面を目指して4人は進むが果たしてどうなることや。

”ファイト!一発 =男たちの新春第二弾 伊豆ツーリング2=”へ続く・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。